きたやまおさむ/北山修 アカデミックシアターとは
ホーム > アカデミックシアター(学術劇場)とは

きたやまおさむ による学問+エンターテイメント

きたやまおさむ講演イメージ

わたしたちの「こころのありか」を求めて、旅をつづけてきた男がいる。「きたやまおさむ/ 北山修」、65歳。京都の医大生だった1967年、ザ・フォーク・クルセダース「帰ってきたヨッパライ」が270万枚の大ヒット。

バンドメンバーとして、ラジオの人気DJとして、ヒット曲連発の作詞家として、瞬く間に時代の寵児となっていった。しかし、彼は芸能界を去り、精神科医の道を歩む。

以来、40年近くの月日が流れた。

幾多の「テレビに出ませんか?」という誘いに背を向け、北山は、精神科医の道を黙々と歩き続けていた。 なぜか?…もっと大事なことがあったからだ。それは、「こころのありか」を見つけること。それによって、苦しんでいる人々を受け止め理解すること。精神分析医として、早朝から、悩む人、病む人の話に耳を傾けながら、大学の教壇に立つ毎日を繰り返した。

その、持ち前の話術を駆使した彼の講義は、バブルからデフレまでの時代の中で、疲れ切った日本と日本人の心を解き明かし、解きほぐす、素晴らしいものだった。2010年春、九州大学退職。そして、その伝説の講義は、よみがえる。北山修は、きたやまおさむとして、ふたたび、私たちの「こころのありか」に立ち向かう。彼自身が「アカデミックシアター」と命名した、映像やライティングを駆使した、21世紀の講義スタイルとともに。

きたやまおさむ 「アカデミックシアター」誕生まで

フォークルの大ヒット! その後、加藤和彦・はしだのりひこが音楽シーンで活躍したのに対して、独り、きたやまおさむは芸能界を去り、精神科医の道を歩む。以来、40年近くの月日が流れた。彼は何を探求し何を見出し何を説こうとしてきたのか?同時代を呼吸していた私達は、あの時代の寵児・きたやまおさむのその後の人生と彼から生み出された思索を学び・感じとりたいと思った。

そんな希望が叶い、私達は九州大学での通常の講義を聴講する機会を得ることができた。
そこで耳にした授業は、絶妙な語り部としてのきたやまおさむが健在であることにワクワク、そして発見に満ち満ちた素晴らしい「学問+エンターテイメント」そのものだった。

前記の「マニフェスト」で、きたやま自身が語っているように「学問」と「娯楽」の統合が、そこでは成立していた。まさしく「感動する学問」がそこにはあった。あれから一年、満を持してアカデミックシアターはいよいよ開幕する!「学校」という学問の場に埋もれていた名作講義「共視論〜母子像の心理学」を劇場化!
きたやまおさむと映像のプロとのコラボにより、更にエンタメとしてバージョンアップ!

かつて「面白くてためになる」というコピーがあったが、まさしくこのコンテンツに相応しいコトバではないかと思う。浮世絵と西洋絵画の母子像を比較しながら日本人の「こころのありか」を分析し説いていく。このエンターテイメント・レクチャーを見終わった時、あなたはきっと日本人であることに大いなる誇りを持つことになるであろう。

2010.11.25 アカデミックシアタープロデューサー 松本直規



【アカデミックシアター公式サイト】
このサイトは、「きたやまおさむ/北山修」 企画監修によるアカデミックシアターの公式サイトになります。「きたやまおさむ/北山修」についての情報をはじめとした、アカデミックシアターの情報がまとめられています。「きたやまおさむ/北山修」 についてのお問い合わせ左下のお問い合わせについてのリンクよりお問い合わせください。