岸田文雄の裕子夫人の若い頃が綺麗!嫁(妻)とはお見合い結婚で一目惚れ!

 

100代目の首相になられた岸田文雄さん。

奥様の裕子さんはどんな方なのでしょうか?

調べてみると、不動産を経営する父を持つお嬢様で、岸田文雄さんとはお見合い結婚なんだとか。

この記事では、「岸田文雄の嫁(奥さん)が綺麗!裕子夫人とはお見合い結婚で一目惚れ!」と題して、まとめてご紹介します。

岸田文雄の妻・裕子夫人は若い頃も綺麗!

岸田文雄さんの奥様は、岸田裕子(きしだ ゆうこ)さんです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿

裕子夫人は、広島県出身の58歳

岸田文雄さんが65歳ですので、年齢差は7歳となります。

とても綺麗な方ですよね!

正直、もうすぐ60歳とは思えません。

いわゆる美魔女ともいえます!

今も十分にお綺麗ですが、若い頃の裕子夫人も美人!

岸田文雄

こちらは結婚式のときの写真ですが、美男美女という言葉がぴったり!

今は美人という言葉が当てはまる裕子夫人ですが、昔は可愛いという言葉が当てはまりますね。

そして、岸田文雄さんもモデルや俳優をされていても不思議ではないイケメンぶりです。

むしろ31歳まで結婚していなかったのが不思議なくらい!

お二人ともかなりモテたのではないでしょうか。

余談ですが、岸田文雄さんが俳優の段田安則さんに似てると話題なのですが、若い頃が今よりもそっくりなんでした!

→岸田文雄が似てる芸能人は段田安則?坂田マサノブ?金メダリスト?【画像比較】

岸田文雄と妻の裕子夫人はお見合い結婚!

岸田文雄さんと裕子夫人は、お見合いで出会い、結婚しました。

裕子夫人は広島県出身。

岸田文雄さんは東京で生まれ、アメリカで生活したこともありますが、本籍は広島県です。

年が7歳離れていますが、次のような共通点があったことから、お見合いがセッティングされました。

  • 祖母同士が同級生で友人だった
  • 裕子夫人の実家がある所が宮澤喜一元首相の選挙区だった
    (岸田文雄さんは宮澤元首相と親戚関係にある)

そのうえ、裕子夫人は祖母から岸田文雄さんの祖父や父が人柄が良いということを聞いており、お見合いに対しての不安はなかったんだとか。

岸田文雄は裕子夫人に一目惚れ!

岸田文雄さんに初めて会ったときのことを、裕子夫人はこのように語っています。

「初めて会った瞬間、『私、この人と結婚するんじゃないかな』と思ったんです」

(引用:女性自身

「ビビビってきた!」って感じですね!

岸田文雄さんも裕子夫人の笑顔に一目惚れして、プロポーズをしています。

でも、今となっては岸田文雄さんはプロポーズの言葉を覚えていないそう(笑)

プロポーズの言葉を忘れてしまったことを裕子夫人から怒られているそうですよ。

プロポーズを受けてもらったことが嬉しすぎて舞い上がって、忘れたのかもしれません。

 

ちなみに、初デートの場所は当時、若者に人気だったディスコだったんだとか。

踊りはしなかったようですが、初デートにディスコってチョイスに少し時代を感じます(笑)

そして、1988年に結婚されました。

岸田文雄さんが31歳、裕子夫人が24歳のときです。

岸田文雄と裕子夫人(嫁)の関係性

初めて会ったときからお互いに惹かれて結婚された岸田文雄さんと裕子夫人。

そんなお二人の関係性については、一度、炎上したことがありました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿

一見、仲良さそうな写真に見えますが、

妻を立たせたままにして、亭主関白感がある。

などの声があがったのです。

 

ですが、このような声に対して裕子夫人が真っ向から否定しています。

裕子さんは「普段は冗談も言いますし、忙しいですが、家族にもわりと気遣いしてくれて、家ではやさしい主人。亭主関白ではないです」と明かした。

(引用:日刊スポーツ

岸田文雄さんは東京で生活しているので、広島の家を空けていることも多いです。

ですが、家にいる時は、お風呂掃除なども手際よくやってくれるようですよ。

公私ともに良いパートナーなのでしょうね。

岸田文雄さんは、裕子夫人の作るお好み焼きが大好き!

総裁選で首相になることが決まった日の夜は、裕子夫人がお好み焼きを振る舞ってくれたようです。

岸田文雄の夫人は社長令嬢!

実は、裕子夫人のお父さんは広島県で不動産会社を経営しています。

まさしく裕子夫人は社長令嬢

岸田文雄さんも政治一家の出身ですので、お見合いの話が持ちかけられるのも納得ですね。

岸田文雄の夫人の父が経営する会社は?

裕子夫人のお父さん・和田邦二郎さんが経営している会社は、三次開発興業株式会社です。

広島県三次市にある会社で、1964年4月に設立しています。

政治家の妻となると、立ち振る舞いが厳しくチェックされます。

社長令嬢ということで、裕子夫人は子供の頃から厳しく立ち振る舞いをしつけられたのではないでしょうか。

岸田文雄さんと裕子夫人のツーショットを見ても、佇まいから気品を感じます!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿

岸田文雄さんと裕子夫人の間には3人の子供さんがいます。

政治家の子供として、3人の子供さんについても立ち振る舞いについては指導されていそうですね!

→岸田文雄の息子3人の学歴や年齢・顔画像!長男は秘書で次男三男は大学生?

岸田文雄の夫人は英語がペラペラ!

裕子夫人は英語がペラペラなんです。

なぜなら、英語に力を入れている広島女学院中学高校を卒業されているからです。

広島女学院中学高校は、広島県広島市にある中高一貫の私立女子学校です。

広島女学院中学校の偏差値は62ですので、小学生の頃からしっかり勉強されていたことが分かります。

そして、入学後は、

国際性と探究力を育む

(引用:広島女学院中学高校

という理念のもとに、中学~高校の6年間かけて英語力を身につけています。

海外研修制度もあり、高校3年生時には生徒の8割以上が英検2級以上を取得する実績!

そんな環境で裕子夫人も英語を身につけたのでしょう。

G7広島外相会合ではおもてなし

2016年4月10日に「G7広島外相会合配偶者プログラム」が開催された際、裕子夫人は当時、外交官だった岸田文雄さんの夫人として出席。

英語力を活かして、海外の外務夫人の方ともなんなくコミュニケーションをされていました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿

2021年12月からは首相公邸で一緒に暮らしていますが、以前までは東京にいる岸田文雄さんに代わって、裕子夫人は地元広島の支援者まわりなどをされていました。

きっと岸田文雄さんにとって心強いパートナーなのでしょう。

岸田文雄さん自身、幼少期にアメリカで生活した経験があるので、英語を話すことができます。

夫婦揃って英語を話せるのは、外交においても大きなアドバンテージですね。

裕子夫人の出身大学

裕子夫人は、東京女子大学出身です。

専攻されていた学科の情報は見当たりませんでしたが、英語ができる裕子夫人。

現代教養学部の国際社会学科を専攻されていたのではないかと思います。

中学~大学まで私立女子校に通っていることからも、お嬢様育ちであることを裏付けていますね。

 

1986年、大学を卒業した後はマツダに入社し、役員秘書をされていました。

役員秘書の経験が、ファーストレディーとしての振る舞いにも活かされそうです!

まとめ

以上、「岸田文雄の嫁(奥さん)が綺麗!裕子夫人とはお見合い結婚で一目惚れ!」をまとめました。

  • 岸田文雄さんの奥様・裕子さんは7歳年下の社長令嬢
  • お見合いで意気投合し、結婚した
  • 裕子夫人は学生時代に英語を学び、ペラペラに話せる
  • 岸田文雄さんは亭主関白ではなく、家族を気遣っている

初めて出会ったときからお互い好印象で、現在も素敵な関係を築かれているお二人。

激務の岸田文雄さんを裕子夫人がサポートしていることが分かります。

お二人とも英語がペラペラですので、外交での言葉の障壁もなさそうです。

首相としての岸田文雄さん、ファーストレディーとしての裕子夫人の今後の活躍が注目されます!

→岸田文雄さんに関する記事はコチラ

×