山田裕貴の野球歴は約7年!強豪チームに所属していた実力や辞めた理由!

色々な映画やドラマに出ており、役ごとに印象の異なる演技力が魅力の山田裕貴さん。

元プロ野球選手の山田和利さんをお父さんに持ち、山田裕貴さんも野球経験が7年程あります。

この記事では、

  • 山田裕貴さんの野球歴や所属チーム
  • 山田裕貴さんの野球の実力
  • 山田裕貴さんが野球を辞めた理由

をまとめてご紹介します!

山田裕貴の野球歴は約7年で強豪チームに所属!

山田裕樹さんの野球歴は、6~7年程です。

お父さんの姿を見て、「カッコ良い!」と思ったことをきっかけに、小学校3、4年生の時から野球を始めました

きっかけとなったお父さんは、なんと元プロ野球選手の山田和利(やまだ かずとし)さん

2021年までは広島カープで二軍守備・走塁コーチをされていました。

小さい頃に、「なりたい職業」として挙げられることの多いスポーツ選手。

自分の親がスポーツ選手だったら絶対に憧れてしまいますよね!

▼ご両親については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

【山田裕貴の両親】厳しい父・和利は元プロ野球選手/優しい母は少し天然?

その後、名古屋の強豪チームに所属していましたが、中学3年生で野球を辞めています

チーム名を調べてみると、「名古屋北シニア」というチームに所属していたという情報がありました。

毎年全国大会に出場する程の強豪チームだったそうです。

すごいと思う野球選手はあの人!

お父さんが元プロ野球選手で、自身も野球をしていた山田裕貴さん。

そんな山田裕貴さんが最もすごいと思った選手は、イチローさんとのこと!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

そこはお父さんではないんですねwww

たしかにイチローさんはメジャーでも活躍された方なので異論はないものの、お父さんとしては名前が出なかったことが寂しかったかもしれません。

表立ってすごいと言わないかもしれませんが、きっと心の中ではお父さんのことをすごいと思っているのではないでしょうか。

山田裕貴の野球の実力

中学3年生で野球を辞めるまで強豪チームに所属していた山田裕貴さん。

強豪チームに入ったものの、レギュラーにはなれなかったそうです。

全国大会常連のチームに入ること自体がすごいですが、上には上がいるんですね…。

 

レギュラーではありませんでしたが、野球が上手いことは間違いないでしょう!

なぜなら、2021年2月に自身のインスタグラムにアップした動画では、142㎞/hの速球を投げている姿が話題になったからです!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

なんとプロ並みのスピード

なので、山田裕貴さんは「一般的に上手い」というよりかは、「プロも顔負けする程上手い」のではないでしょうか。

やはりお父さんのDNAをしっかり受け継いでいるんですね!

 

野球をしていた当時は、ピッチャーやセンターを担っていた山田裕貴さん。

2018年には、お父さんの背番号が入ったユニフォームを着て、地元名古屋で始球式も行っていますよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

息子が自身の背番号が入ったユニフォームを着て始球式で投げてくれるとは、お父さんも嬉しかったでしょうね!

山田裕貴が野球を辞めた理由

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

何故、山田裕貴さんが野球を辞めてしまったのか気になりますね。

トークバラエティに出演した際に、野球を辞めた理由についてこのように語っています。

「やっぱりプロ野球選手である父を意識してしまって、プロ野球選手の息子、って看板を重く感じてて。でもやんなきゃ、やんなきゃ、って(思って)。ふと我に返った時に、あれ、これは俺の人生を生きてるのか?父親を追いかけてるのか?って分かんなくなっちゃって」

(引用元:デイリー

お父さんの影響で始めた野球ですが、偉大な人が身近にいることでプレッシャーになっていたんですね。

強豪チームに入っても、上には上がいる世界でレギュラーにはなれなかった山田裕貴さん。

中学生という若さで「プロにはなれない」と悟り、諦めたそうです。

山田裕貴の高校時代

中学で野球を辞めた後、高校はお父さんの出身高かつ、野球の名門である東邦高校へ進学します。

高校では野球部に入らずバレーボール部に入部しました。

山田裕貴さんが在籍している間に、東邦高校は甲子園へ出場します。

実際に試合を観客席で見ていた山田裕貴さんは、輝いているチームメートたちを見て涙が止まらなかったそうです。

小中時代一緒に頑張ってきたチームメート達と、同じ舞台に立てなかったことによる悔し涙だったのでしょうね。

山田裕貴が俳優の道に進んだきっかけ

山田裕貴さんは、野球を辞めるとお父さんに伝えた時、

「何で自分でやると決めたことを最後までやらないんだ」

という言葉がずっと胸に刺さっていました。

その時のお父さんからの言葉をきっかけに、

「次にやると決めたことは最後までやると決意して俳優業を始めた」

とも語っています。

当時の年齢で現実を知り、夢を諦めた時はかなり辛かったと思いますが、その経験があったからこそ、今の俳優としての山田裕貴さんがいるのですね!

ちなみに、俳優になろうと思ったのは、テレビに出ているお父さんに勝ちたいと思ったからなんだとか。

俳優として頑張っている姿を見て、厳しい言葉をかけたお父さんもきっと応援しているのでしょう!

まとめ

以上、「山田裕貴の野球歴は約7年!強豪チームに所属していた実力や辞めた理由!」をまとめました。

  • 山田裕貴さんの野球歴は、小学3、4年生の頃から中学生までの6~7年間
  • 地元の強豪チーム・名古屋北シニアに所属していたと情報あり
  • 元プロ野球選手の息子という看板を重く感じて、野球を辞めた
  • 今でも142㎞/hの速球を投げられる実力がある

若手俳優の中でも色々な役柄をこなしていて、「演技派俳優」「カメレオン俳優」と呼ばれることの多い山田裕貴さん。

ご自身の様々な経験が、演技に深みを出しているのでしょうね!

今後の山田裕貴さんの活躍に注目していきたいと思います!

▼山田裕貴さんに関する記事はこちら

【画像】山田裕貴は2人兄弟で妹の麻生(まい)はモデル!仲良しエピソード4選!

【身長178cm】山田裕貴は役柄によって低く見える!作品によって身長体重が七変化!

×