【山田裕貴の両親】厳しい父・和利は元プロ野球選手/優しい母は少し天然?

飛ぶ鳥を落とす勢いで、数多くの作品に出演している山田裕貴(やまだ ゆうき)さん。

元プロ野球選手の父・和利さんとお母さんはどのような方で、どのように育てられたのでしょうか。

この記事では、山田裕貴のご両親がどんな人なのかエピソードを交えながらご紹介します。

山田裕貴の父は元プロ野球選手

山田裕貴さんのお父さんは、元プロ野球選手の山田和利(やまだ かずとし)さんです。

(出典:広島東洋カープ公式サイト

名前 山田 和利(やまだ かずとし)
生年月日
(年齢)
1965年6月3日
(56歳)
身長/体重 178cm/82kg
出身地 愛知県名古屋市中村区
職業 広島東洋カープの二軍コーチ

現役時代は中日ドラゴンズ、広島東洋カープにて活躍されていました。

山田裕貴さんも身長178cmですので、お父さんと一緒!

高身長なのはお父さん譲りなんですね!

山田和利の経歴

1984年~1990年:中日ドラゴンズ

山田和利さんは、中日ドラゴンズからドラフト4位指名を受けて、愛知県名古屋市にある東邦高校を卒業後、1984年にプロ野球界入りしています。

レギュラーに定着することはできませんでしたが、俊足を活かしながら、いくつものポジションをこなせるユーティリティプレイヤーとして、1988年には82試合に出場。

その年のリーグ優勝に貢献されました。

1991年~1995年:広島東洋カープ

1991年には、トレードで広島東洋カープに移籍。(背番号は25番)

翌年の1992年後半、二塁手レギュラーの正田耕三さんが故障したときは、その穴を山田和利さんが埋めました。

1993年~1994年は出番が減りましたが、1995年には一塁手のメディーナさんが故障した穴を埋めることに。

94試合に出場して、打率.270、本塁打12本、53打点の活躍をみせて、リーグ2位に貢献。

これまでは俊足を活かしたプレーでしたが、強打の内野手として活躍しました!

1試合にホームラン3本を打ったこともありましたよ。

1996年:中日ドラゴンズ

その後、1996年に古巣の中日ドラゴンズに復帰

背番号7番が与えられて大きな期待が寄せられましたが、故障のため一軍での出場ができず、その年、31歳のときに現役引退されています。

(出典:Twitter

366試合に出場した現役時代の通算成績は、次のとおりです。

  • 打率.262
  • 出塁率.341
  • 長打率.388

広島東洋カープに移籍して強打者として活躍されていたときは、長打率が.400を超えた年もありました!

 

プロ野球選手の引退平均年齢が30歳前後と言われています。

引退した年は活躍が期待されていた年でもありましたので、故障さえなければ、もう少し長く活躍されていたのでしょうね。

山田和利の現在

山田和利

(出典:日刊スポーツ

2021年まで広島東洋カープの二軍守備・走塁コーチをつとめていた山田和利さん。

現役引退後、中日ドラゴンズに残り、1997年~2004年まで

  • 二軍打撃コーチ
  • 一軍内野守備・走塁コーチ
  • 二軍内野守備・走塁コーチ
  • 二軍野手総合チーフコーチ

を歴任。

2005年~2010年はフロントに入って、チームを支えていました。

参考

フロントとは、チームの首脳陣や事務局のことを指し、オーナーや社長、広報担当者などの総称のことをいいます。

2011年には広島東洋カープの二軍守備・走塁コーチを任され、2012年~2014年は球団編成を担当していました。

そして、2015年~2021年11月まで広島東洋カープの二軍守備・走塁コーチを務めています。

選手のスカウトや監督・コーチなどの人事を担う球団編成をされたこともありますが、コーチに復帰していることから、山田和利さんにとっては現場が肌に合っているのかもしれませんね。

2021年11月に広島東洋カープを退団されて以降、どこかの球団に所属したという情報は見当たりませんので、現在はゆっくり過ごされているのでしょう。

山田裕貴の母はどんな人?

山田裕貴さんのお母さんは一般人ですので、残念ながら詳しい情報がありませんでした。

ちなみに、山田裕貴さんのお父さんとは、東邦高校時代の同級生なのだそう。

なんでも高校1年生から交際して、結婚されたらしいですよ!

学生時代からお父さんを側で支えてこられたのでしょう。

素敵ですね♡

 

山田裕貴さんはご両親が25歳の時に生まれた子供。

そう思うと、ご両親は20代前半で結婚された可能性が高そうです。

山田裕貴さんが生まれた翌年には、お父さんの和利さんは中日から広島カープに移籍しているので、お母さんが中心となって子育てをされていたのでしょう。

山田裕貴と両親のエピソード!父は厳しく母は天然?

山田裕貴さんとご両親のエピソードをいくつかご紹介します。

エピソードを見る限り、お父さんは厳しくも愛情をもって山田裕貴さんに接している様子。

一方、お父さんは厳しい分、お母さんは愛情を惜しみなく前面に出して、山田裕貴さんのことを応援しているみたいですよ。

エピソード①父の一言で俳優で生きていくと決意

山田裕貴さんが俳優を志すきっかけとなったのは、お父さんの言葉でした。

お父様がプロ野球選手だったことから、元々、野球をやっていた山田裕貴さん。

ですが、お父様が元プロ野球選手というプレッシャーのため、中学3年生のときに辞めてしまいます。

そのとき、お父さんから、次の言葉をかけられました。

――お父様は何と?

野球をやめた時に、「俺は野球をやれとは言ってない、なんで自分でやるって言ったことを最後までやらないんだ?」ってことだけ言われて。

(引用:Yahoo!ニュース

当時は意味が分からかったようでしたが、高校時代に同級生が甲子園で活躍する姿を見て、野球を諦めてしまったことを後悔

次にやると決めたことは最後までやると心に誓いました。

その後、スカウトされて俳優の道を進み始めています。

お父さんからの一言によって、俳優としてやり抜く覚悟ができたからこそ、今の山田裕貴さんがいるんですね!

山田裕貴さんの野球歴については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

山田裕貴の野球歴や所属チームは?実力や辞めた理由を調査!

父の背番号で始球式を行う

野球から離れてしまった山田裕貴さんでしたが、2018年にはお父さんが1986年~1989年につけていた背番号「30」のユニフォームを着て、中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ戦の始球式でマウンドに立ちました

野球を辞めた後、俳優を始めてからの夢が始球式に登板することだったのだとか。

お父さんの所属していた中日ドラゴンズ、そしてお父さんがつけていた背番号をつけて、夢が叶って良かったですね!

始球式の後、山田裕貴さんは感慨深さのあまり、涙を流していました。

この姿にはお父様もグッと込み上げてくる思いがあったかもしれませんね。

エピソード②父は褒めない人

気恥ずかしいのか、お父さんは息子のことを褒めません

ですが、山田裕貴さんが出演している作品を見て、

  • 良くやっている
  • 俺にはできないことだからすごい

と褒めていたことを2021年12月放送の「人生最高レストラン」で妹の麻生(まい)さんが明かしていました。

山田裕貴さんが出演する作品は全てチェックして、名前が大きく載っていると嬉しそうにしているそう。

山田裕貴

厳しいお父さんが知らないところで応援してくれている姿を知った山田裕貴さんは瞳を潤ませながら嬉しがっていました。

山田裕貴さんの妹さんについては、以下の記事でご紹介しています。

【画像】山田裕貴は2人兄弟で妹の麻生(まい)はモデル!仲良しエピソード4選!

エピソード③母は山田裕貴の写真集を3冊購入

2017年11月に山田裕貴さんが2nd写真集「歩」を発売したとき、お母さんは3冊予約したそう。

山田裕貴さんは、父・母・妹を含めた4人家族です。

1人1冊のつもりで予約したんですかね。

ちなみに、このエピソードには続きがあります。

実家の母からは写真集を予約したとの電話があったと明かし、「『ちょっとでも売り上げの貢献になるんじゃない?』って言われて、『30冊とか予約してくれたの?』って聞いたら『3冊』って(笑い)。とりあえず7500円は売り上げました」と笑わせた。

(引用:日刊スポーツ

「売り上げの貢献」って言われて3冊だったのは、山田裕貴さんも拍子抜けだったようですw

それでも、息子のためを思って購入するお母さんは息子思いですね!

エピソード④母は息子の出演作品を見て号泣

2019年6月、山田裕貴さんが出演するドラマ「特捜9」、「なつぞら」を見て泣いたお母さん

ドラマの感想を送ってくるなんて、山田裕貴さんの一ファンなんだなと思いますね!

親から作品を見て泣いたなんて言われると、気恥ずかしさもあるかと思いますが、このやり取りをTwitterでアップしてくれる山田裕貴さんも素敵です♡

漢字の間違いを突っ込んでいるのは照れ隠しだったりするんですかね?笑

先ほどの写真集のくだりといい、お母さんは少し天然なのかな思うのは私だけでしょうか・・・

また、出演作品を見ることはもちろん、山田裕貴さんの実家がある愛知県でイベントがあるときは必ず足を運ぶそうですよ!

エピソード⑤両親ともに山田裕貴のことを見守っている

山田裕貴さんは、以下のようなツイートもしていました。

俳優としてやっていけるのか不安に思っていた山田裕貴さんを精神的に支えている存在こそ、お母さん、お父さんなのでしょう。

お母さんとしても息子が芸能界に入ると言い出したときは、不安もあったと思います。

ですが、今は俳優業の道を歩む山田裕貴さんの背中を見守りながら、応援しているのでしょう。

山田裕貴さんはお母さんやお父さんに何ができたか分からないと言っていますが、ご両親としては頑張っている姿を見られることが1番嬉しいのではないでしょうか。

これからもお母さん、そしてお父さんの応援を力に変えて、頑張ってほしいですね!