ショーンホワイトの結婚は北京五輪後が濃厚!彼女のニーナドブレフとは交際期間2年!

スノーボード・ハーフパイプを長年、牽引し続けているショーン・ホワイト。

現在、独身のショーン・ホワイトは、北京オリンピック後に引退することを表明しています。

36歳という年齢もあり、体力・メンタルの部分でオリンピックで戦い続けることがタフと語っていますが、引退後は交際中のニーナ・ドブレフと結婚する可能性も高そうです。

この記事では、

  • ショーン・ホワイトの結婚
  • ショーン・ホワイトの歴代彼女

についてご紹介します。

ショーンホワイトの結婚は北京五輪後が濃厚!

イケメンスノーボードとして名高いショーン・ホワイト。

現在、独身ですが、カナダで女優やモデルとして活動しているニーナ・ドブレフと交際中であり、北京オリンピック後に結婚する可能性が高いです!

(ニーナ・ドブレフがどんな人なのかは後ほどご紹介します。)

その理由は2つです。

理由①北京五輪後に引退することを表明している

1つ目の理由は、ショーン・ホワイトが北京オリンピック後に引退することを表明しているからです。

2022年1月に開催されたW杯では3位になるなど、まだまだ存在感を示しているショーン・ホワイトも現在、36歳。

10代後半~20代前半の選手が多く活躍している中、ショーン・ホワイトは2倍近い年齢ともいえます。

そのため、ショーン・ホワイト自身、体力的にも精神的にもオリンピックで戦うことが大変と語っていました。

ショーン・ホワイトほどの実力者であっても、オリンピックという舞台で活躍し続けるのは大変なのでしょう。

東京オリンピックの新種目・スケートボードにも当初は出場意欲を見せていたほど、競技に打ち込んでいたショーン・ホワイト。

引退となると自由に使える時間も増えますし、競技人生に一区切りがついたところで結婚に踏み切っても不思議ではありません。

理由②彼女とは家族ぐるみの付き合い

彼女のニーナ・ドブレフとは家族ぐるみの付き合いをしていることも、結婚秒読みといえるでしょう。

ショーン・ホワイトとニーナ・ドブレフは、2020年初め頃から付き合っているとされており、交際期間は2年程になります。

2022年1月にはニーナ・ドブレフがインスタに家族ぐるみで集まって食事をしたと思われる様子の写真をアップしていました。

↓家族で食事している様子は4枚目の写真

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nina Dobrev(@nina)がシェアした投稿

家族で集まっている様子を見ると、ショーン・ホワイトとニーナ・ドブレフがお誕生日席にいて、二人を中心に家族で盛り上がっているようにも見えます。

見方によっては両家顔合わせのような感じにも見えるところ・・・

アメリカは両家顔合わせをする文化が日本に比べて希薄ですので、両家顔合わせではないでしょうが、すでにお互いの家族に紹介しているのでしょう。

アメリカでは恋人同士の関係性でもお互いの家族に紹介することはよくあることですが、ニーナ・ドブレフはブルガリア生まれのカナダ育ち。

国が違うので両家顔合わせに対する価値観は違うと思いますが、家族ぐるみで旅行するくらいですので、関係性が良好なのは間違いないでしょう。

ショーンホワイトの結婚相手候補のニーナドブレフについて

ショーン・ホワイトの彼女、ニーナ・ドブレフがどんな人なのかご紹介します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nina Dobrev(@nina)がシェアした投稿

名前 ニーナ・ドブレフ
(Nina Dobrev)
生年月日 (年齢) 1989年1月9日 (33歳)
身長/体重 169cm
出身地 ブルガリア・ソフィア

ニーナ・ドブレフはブルガリアの首都ソフィアで生まれましたが、2歳のときに家族でカナダに移住し、トロントで育ちました。

コンピュータ科学者の父とアーティストの母を両親に持つことから、幼い頃からダンスや体操、演劇などの芸術分野で才能を見せ、2006年頃から本格的に女優としてテレビや映画に出演しています。

スポーツ全般が好きなニーナ・ドブレフはスノボも大好き

ショーン・ホワイトと出会うきっかけになったのもスノボなのかもしれません。

ちなみに、ショーン・ホワイトよりも3歳年下です。

2020年のアフリカ旅行がきっかけで交際発覚

ショーン・ホワイトとニーナ・ドブレフの交際は、2020年2月に行っていたと思われる南アフリカ旅行がきっかけで発覚しました。

二人とも2月下旬に南アフリカ旅行の様子をインスタにアップしていたのです。

▼ショーン・ホワイトのインスタ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shaun White(@shaunwhite)がシェアした投稿

▼ニーナ・ドブレフのインスタ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nina Dobrev(@nina)がシェアした投稿

ツーショット写真はありませんが、同じ時期に行くなんて匂わせ確定ですよねwww

これらの写真をきっかけに熱愛が発覚し、2020年5月には堂々とインスタにツーショット写真をアップしているのでとても潔いです。

ショーンホワイトの歴代彼女は4人

ショーンホワイトは、現在交際中のニーナ・ドブレフを含め、4人の女性と熱愛が噂されたことがあります。

歴代彼女①アリエル・ヴァンデンベルク

ショーン・ホワイトが最初に熱愛が報じられた相手は、アリエル・ヴァンデンベルクです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Arielle Vandenberg(@arielle)がシェアした投稿

アリエル・ヴァンデンベルクはアメリカで女優やモデル、テレビの司会者として活動している方。

ショーン・ホワイトとは同い年です。

2011年、野外音楽フェス・コーチェラミュージックフェスティバルなどで一緒にいたところを写真を撮られて熱愛の噂が広がりました。

ですが、二人が付き合っているという確実な情報はありません。

そのうえ、アリエル・ヴァンデンベルクは2011年~2014年にかけて、Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)のアレックス・ターナーと付き合っていた様子。

ですので、ショーン・ホワイトとは単なる友人だった可能性が高そうです。

歴代彼女②バー・ラファエリ

続いて熱愛が噂されたのはバー・ラファエリです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bar Refaeli(@barrefaeli)がシェアした投稿

バー・ラファエリはイスラエル出身のモデルで、ショーン・ホワイトよりも1歳年上

2005年から2011年にかけて、レオナルド・ディカプリオと付き合っていた方です。

2012年にニューヨークのバーでキスしているところを目撃されて熱愛の噂が広まりました。

ですがそれ以上の情報がありませんので、付き合っていたというよりも単に酔った勢いだったのかもしれません。

歴代彼女③サラ・バーセル

そして、3人目のお相手はサラ・バーセルです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sarah Barthel(@sarahbarthel)がシェアした投稿

サラ・バーセルは、2007年にアメリカで結成した2人組のバンド・ ファントグラム(Phantogram)のメンバーで、ショーン・ホワイトよりも4歳年上。

ショーン・ホワイトはロックバンド・BAD THINGSを結成してギターを担当するなど、スノボ以外の場でも活躍されています。

サラ・バーセルとは音楽をきっかけに出会ったのでしょう。

2013年頃から2019年頃まで付き合っていたようですので、交際期間は6年ほど

6年間も交際していたら結婚しそうですが、当時のショーン・ホワイトは第一線で活躍している選手。

スノボに専念したかったのでしょうか、結婚ではなく、友達関係に戻る選択をしました。

長年、付き合っていたので別れた直後は喪失感もあったでしょう。

サラ・バーセルにはペット(犬)がいるので、ペットに寂しさを埋めてもらっていたのかもしれません。

▼スノーボードの記事はこちら

【平野歩夢の結婚観】彼女とは8年以上にわたって交際中だが入籍は現役引退後か

戸塚優斗は両親と兄と慕う人のおかげで今がある!父母の影響でスノボ―を始めた!

×